電熱ベストのやけどする?事故防止と安全性は?

電熱ベストのやけどする?事故防止と安全性は?

寒い冬は電熱ベストが最適ですね、

外仕事方やレジャー(アウトドア)など寒い冬だからこそ

使用頻度が高く、しかし中にはやけどなどの事故が発生しています。

どのように事故は起きてるのでしょうか?

調査してきたいと思います。

Sponsored Link

電熱ベストのやけどする?

電熱ベストのやけど事故は、長時間による低温やけどの事故が多いらしく、

確かに、外仕事の方やレジャー時は暖かいので長時間着用してしまいますよね

最適だし‼

しかしカイロもそうですが、長時間の使用した時肌がかゆく赤くなりますよね!

(個人差もあると思いますが)

この現象が電熱ベストも同様長時間の使用によるやけどが起こりやすく、

注意が必要となります。

ワークマンの(電熱ベスト)の取扱説明書にも注意が記載されています。

注意

長時間・睡眠時・自動車の運転時・その他などやけどの恐れがあるので注意し使用してください。

Sponsored Link

電熱ベストの事故防止方法は?

電熱ベストの長時間の使用時の事故はほぼ低温やけどなの軽い事故ですが、

この事故などを防止する方法などお伝えしていましょう!

防止方法

電熱ベストは温度が調節できとっても便利で暖かいベストでが、

長時間での使用でも事故(低温やけど)が起こりにくい使用方法があるので、

ここでお伝えしていきましょう!

  1. 長時間使用時は温度調節をこまめにする
  2. いきなり温度を強にしないで徐々に温度を上げていく
  3. できれば、ONとOFFの切り替えで体温調節する
  4. 肌が弱い方はできれば長時間の使用はさける

などして快適電熱ベストを着てください。

Sponsored Link

電熱ベストの安全性は?

 

特に目立った事故トラブルなどは、報告はありませんので、

安全性は高いのではないでしょうか

バッテリーに注意

安全性は高いのですが、一応電化製品などでやはりバッテリーの感電などでトラブルになりますし、故障の原因になりかねないので、注意しましょう!

電熱ベストの電源は充電式で最近増えている充電バッテリーよる火災などの被害ですが

消費者庁の公式HPに充電バッテリーでの事故・火災などが記載されていましたのご紹介いたします。

  • (1)リコール対象製品でないか、リコール情報を確認しましょう。

  • (2)新規に購入する際は、PSEマークを必ず確認しましょう。

  • (3)製品本体に強い衝撃、圧力を加えない、高温の環境に放置しないようにしましょう。

  • (4)充電中は周囲に可燃物を置かないようにしましょう。

  • (5)膨らんでいる、熱くなっている、変な臭いがするなど、いつもと違って異常を感じたら使用を中止しましょう。

  • (6)充電コネクタの破損や水ぬれに注意しましょう。

  • (7)公共交通機関での事故を避けるため、持込規則を確認して、それに従いましょう。

  • (8)使用済みモバイルバッテリーはリサイクルに出しましょう。やむを得ず廃棄する際には他の家庭ごみと区別して出しましょう。

 

充電バッテリーの事故・火災防止に詳しく消費者庁の公式HPで!

Sponsored Link

電熱ベストのやけどする?事故防止と安全性は?まとめ

 

今回は【電熱ベストのやけどする?事故防止と安全性は?】

をお伝えしてきましたが、

長時間の使用時は低温やけどの恐れがあるので、注意して使用する、

やけどなどを防止する方法は、電熱ベストの温度調整に注意する

など使用する方の扱い方しだいで当たり前のことですか、安全で快適に使用する事が

できますね!

安全性については、特に目立ったトラブルは報告されていませんが、

特に注意が必要とされる充電バッテリーの感電や火災事故などが最近はスマホのバッテリーの火災被害など多く、充電バッテリーには、特に注意しましょう!

これらを注意して使用することで、安全で快適な電熱ベストを使用する事ができます。

 

それでは最後までご覧いただきありがとうございました。

 

※電熱ベスト人気の商品の口レビューはこちらのをご覧ください。

夢グループヒーター内臓ベストの口コミ・評判は?寒さ対策の効果はあるの?