年末の紅白歌合戦2020!コロナ禍で中止か?異常事態でNHKの対策は?ナイナイ岡村の司会は?

毎年大晦日に放送されている「NHK紅白歌合戦」が中止もしくは無観客開催での放送を検討しているそうです

紅白歌合戦は毎年各二十数組が出場していますが、どうしても三密の状態となってしまいます

 

コロナウイルスが蔓延する中、NHKはどんな対策をとっていくのでしょうか

 

今回は紅白歌合戦の中止の噂や、総合司会はどうなるのかなどについて調べてみたのでぜひ最後までごらんください

Sponsored Link

年末の紅白歌合戦2020!=コロナ禍で中止か?

 

紅白歌合戦は本当に中止となってしまうのでしょうか。

年末の番組なので今から中止を決めてしまうのは早すぎると思いますが、近年演出が大がかりとなっているので、今から準備が必要になるのでしょうか。

 

NHKの公式でのコメントや発表はまだありませんでした

発表があり次第また更新していきます

Sponsored Link

年末の紅白歌合戦2020!=ナイナイ岡村の司会は?

当初、『麒麟がくる』や『チコちゃんに叱られる!』に出演するナインティナインの岡村隆史さんを総合司会に起用する予定でしたが、自身のラジオ番組での不適切発言などから、総合司会起用を見送られてしまったそうです

岡村さんの総合司会起用について、元々否定的な意見を持つ方もいましたが、不適切発言の騒動を受けさらに否定的な方が増えたようです。

 

今の時代、たった一言の失言が世に拡散され信頼も仕事も失ってしまう時代なので発言や書き込みには十分注意しなければいけませんね。

Sponsored Link

年末の紅白歌合戦2020!=目玉ヒット曲がない?

コロナウイルスの影響で、ドラマや映画、CDの発売やコンサートが軒並み中止や延期となってしまい、ヒット曲や多くの人に知られる曲がない状態となっています。

そのため、2020年は目玉ヒット曲がなく、歌っても一部の方にしかなじみが無くいまいち盛り上がらない結果となってしまいます。

 

視聴者の方からは「目玉ヒット曲がないのは今に始まったことじゃない。」「その年のヒット曲はわずかで、懐メロしかやってない」と辛口の意見が飛び交っています

Sponsored Link

年末の紅白歌合戦2020!=異常事態でNHKの対策は?

前代未聞の異常事態にNHKはどう対策を練っているのでしょう

「もちろんNHKとしても開催中止は避けたいところ。しかし感染症は秋から冬にかけて流行りやすく、新型コロナも今年の秋以降に第2波、第3波のパンデミックが起こるのではと懸念されています。治療薬の実用化も年内を目標にしていますが、来年になってしまう可能性もありますからね。そのため、NHKは最悪の事態を想定して、対策を練っているようです」(レコード会社関係者)

 

そして、谷原章介さんが司会を務める生放送の音楽番組『うたコン』でアーティストにリモート出演してもらい、リモートの生放送だとどのような演出や改善点があるか模索しているそうです

 

『リモート紅白歌合戦』となる可能性もあるのでしょうか。

生放送ですので、グダッとなってしまうことはあると思いますが、リモートとなると回線の関係などでさらにグダグダになってしまいそうですね。

 

今後NHKはどのような対策をとっていくのでしょうか。

年末の紅白歌合戦2020!=まとめ

今回は、紅白歌合戦の中止やNHKの対策について調べてみました。

徐々に緊急事態宣言が解除され、一見コロナウイルスの終息に向かっているようですが、今後第2波、第3波のパンデミックが起こるの可能性も大いにあるでしょう。まだまだ気を抜くことはできません。

 

コロナウイルスの影響で新たな年越しの様式が生まれるかもしれないですね

 

最後まで読んでいただきありがとうございました

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA