飲食業コロナの影響で閉める店多発!自粛で客が来ないテイクアウトで乗り切る対策方法は?

新型コロナウイルスの感染拡大防止の為全国で外出自粛要請がでました。

飲食店・ナイトクラブ・スポーツジムなど今回のコロナの影響で経営が困難になる個人事業主が多く、その中でも飲食業は店を辞める方も多く、全国で廃業ラッシュが起こっている事が分かりました。

自粛中など店を閉める方も多く中には、テイクアウトで、乗り切ろうとする、飲食店も目立ち

通常営業の価格より、値下げし営業を続けるお店も多く見られました。

今後の飲食店の景気は回復するのでしょうか?

自粛が全国的に解除となり、全国の飲食店が通常営業する中、いまだにお客の減少しています。

テイクアウトでの営業売り上げを保つためにどんな対策をしているのでしょう?

コロナの影響で世界的にも今後の経済が不安になる中、飲食業は、今なにをするべきか、

対策方法などをお伝えしていきたいと思います。

Sponsored Link

飲食業コロナの影響で閉める店多発!=廃業になる店とならない店の違いは?

 

コロナの影響で飲食業は廃業ラッシュが全国的に起きています。

そこで、今後の飲食店の経営で廃業を選択しないといけないお店としないお店の違いをお伝えしていきたいと思います。

持続化給付金を使う

政府や各都道府県(市町村)などいろんな補助金が支給されていて、

持続化給付金だけではなく、テイクアウトの補助金や最近では、テナント料の補助金など、

商工会議所などでも相談ができますので、詳しくはこちらをクリック

まずはこちらの申請などしてみましょう。

廃業にならないお店は?

 

まずは、廃業にならないお店は、今までととい違う経営方針を考えられるお店です。

今回のコロナウイルスは今年の秋に第2波が来るおそれがあり、今回の第1波より、感染拡大が多い予想が出ています。

そこで、今後の経営方針を変えるお店も多く、3密を避け来店率がまた悪くなるでしょう

もちろん、今までのスタイルでもコロナの影響はないお店もありますが、

逆にテイクアウト&デリバリー専門店など(ピザ屋)などは、前年度より、売り上げが上がっているお店もあります。

SNSの活用

 

SNSの活用でかなり、助かっているお店もあります。

いままでは、「店内の新メニューが変わりました」や「臨時休業のお知らせ」や「イベントのお知らせ」など、飲食店のSNSを活用した戦略方法がこれからは、支流になっていくでしょう

テイクアウト&メニューなど、料金の変更を更新したり、方針を思い切って変更したことを最新で更新など、SNSと向き合う時間を増やすことが、まずは、経営を持続していくヒントだと私は思っています。

【Facebook・インスタグラム・Twitter】などを活用しましょう!

廃業になりやすいお店

やはり、何も方針をかえないで、経営していくお店です。

コロナの影響を感じないお店は、いいと思いますが、

コロナの影響で売り上げが激減しているお店は、全国で半数以上なではないでしょうか?

何か方針を変えないと考えているお店は、前に進めると思いますが、

何も方針を変えないで、時とともに過ごしているお店は多いと思います。

そんなお店の口癖は、「暇だなぁ」とつぶやく傾向があります。

誰も助けてはくれませんし自分のお店だからこそ、今何かするべきではないかと感じています。

 

Sponsored Link

飲食業コロナの影響で閉める店多発!=テイクアウトのに乗り切る方法は?

 

テイクアウトやデリバリーで乗り切る方法は、思い切って割り切ってやる、

人権費などが掛かる飲食店は、テイクアウトがスタイルに切り替えて、今だけ乗り切る事に集中します。

そんなに簡単にいきませんが、今だから方針を変えるチャンスではないでしょうか

人件費など、掛かると経営にも悪化になりますので、

完全予約のテイクアウト&デリバリー専門店にもスタイルを変えられるのではないでしょうか?

あとは、曜日によって、テイクアウト&デリバリーのみ営業など、変化を求められるこの時代なので、お客様を待つより、予約が来るお店作りを目指しましょう!

 

メニューの料金を期間限定など工夫する

 

テイクアウト&デリバリーの予約が来るお店作りを実施するにあたって、

まずは料金設定と魅力ある目玉商品です。

料金設定はなるべく、おつりが出ない料金設定です。

 

・おつりがないことによってお客様とスムーズの対応ができ3密にならないのでこうした工夫をしましょう。

 

 

・期間限定にし、細かくSNSなどで更新した良く事です。

そのようにすることで、いつもSNSでの更新をしているから予約に繋がります。

 

 

・魅力ある目玉商品です。

この魅力ある商品とは、まずは、ボリュームがある商品又はヘルシーな商品など、開発します。

 

 

人気はメニューは丼ぶりにしたアイディア商品です。

各お店の色を乗せた丼ぶりなど、ここには工夫が必要ですが、食べやすい物が一番です。

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA