千曲川【長野県】台風20号の影響は?大雨特別警報は発表されるか?

千曲川は、10月13日に台風19号の影響で長野市穂保付近の堤防が約70mにわたり決壊した。

次々と大雨特別警報が発表され、付近の医療機関や住宅、学校などが流されたり、浸水したりして川の水で町は浸かった。

推定で浸水の深さは最高で約4メートルだった事がわかり浸水した地図を見ると、JR東日本の長野新幹線車両センター】がある周辺の浸水は深い。

北陸新幹線全体の3分の1被災にあったとみられる。

穂保付近以外も長野県の長野市篠ノ井 上田市 千曲市 佐久地域などで千曲川流域のあちこちで氾濫被害が発生しました。

全ての千曲川流域や付近の地域で大雨特別警報が発表されていた。

そこで今回の千曲川は台風20号の影響はあるのか? 大雨特別警報は発表されるのか?を調べてみました。

Sponsored Link

千曲川(長野県)台風20号の影響は?

引用 https://pbs.twimg.com/media/EHRopXyU4AACP2y?format=png&name=small

台風20号は温帯低気圧になって秋雨前線コラボ(一体可)し22日頃に北上し天気は西から崩れるおそれ。

主に愛知、神奈川、山梨、長野、関東全域に大雨になる可能性がでてきました。

台風19号で被災せれた地域は再び大雨になる可能性があるので、特に注意して情報をしっかり確認してください。

千曲川でも台風19号の影響で川が決壊や家屋の浸水、大雨による土砂崩れるなどが起こった地域はこの台風20号と秋雨前線によるコラボ前線で再び二次災害が起こる可能性もあるので、備え準備をしておきましょう。

引用 https://pbs.twimg.com/media/EG0FxlEU4AAUIjn?format=jpg&name=4096×4096

 

Sponsored Link

大雨特別警報は発表されるか?

天気図やツイッターを観たかぎりだと大雨特別警報は発表はされないが流域の付近や土砂崩れてした地域は、再び警戒が必要とみられます。

今後の情報を確認し行動をしてください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA