救済案!プロ野球と高校野球センバツチームの夢の試合は可能?中居正広の提案!

中居正広は2020年3月14日のテレビ朝日系列放送の『中居正広のニュースな会』に出演し新型コロナウイルスの感染拡大の為、中止となった2020高校野球センバツ大会について、

コメントが高校野球センバツチームとプロ野球での夢の試合を実現したいと救済案に注目が集まりました。

2020高校野球センバツ大会は当初は無観客での開催予定でしたが、コロナウイルス感染拡大を懸念し止むを得ず中止が決定しました。

今回のセンバツが中止になったのは1924年の太平洋戦争以来2回目だが、その時は中止ではなく中断で今回史上初の中止となった。

 

Sponsored Link

救済案!=中居正広の提案!プロ野球と高校野球の夢の練習試合は可能?

中居正広はプロ野球のオープン戦も無観客で開催していることで、なんとか高校野球センバツチームと夢の試合を開催できないかと提案があった。

中居正広はプロ野球と同じぐらい大好きな高校野球と発言していますが。

そんな中居正広に共感の声は?

「中居正広は凄い!甲子園に行くことだけが、全てじゃないし、プロ野球選手と夢の試合出来るならこんな素晴らしいことはない」

「そんな考え誰も思いつかんだろ。

こんいだの会見もそうだけど0か100で決めない人だな。プロ野球と高野連なんとかしてくれないかね」

などコメントがありました。

こんな人かも

メジャーリーグ「ニューヨークヤンキース」の田中将大からコメントがありました。

スポニチ~の情報です。

「前例がない状況だからこそ、何か前例のない処置があってもいいのではないかなと思っています。」

 

Sponsored Link

救済案!=プロ野球と高校野球の接触はあり?

基本はダメです!

日本高等学校野球連盟の規定によると、プロ野球関係者は高校球児に野球を教えたり練習や試合を接触は禁止されています。

Sponsored Link

救済案!=中居正広の日本野球連盟に対しての想いとは?

「特別に中止になってしまったのだから、特別に協力してプロ野球と高校野球の夢の試合を実現させてあげたい」と
中居正広は日本高野連と日本野球機構にテレビ通じて呼びかけました。

これが実現したら、今回のセンバツ大会の出場チームは幸せ者です。

とてもいい提案です。

私も約20年前の高校球児なので本当に実現して欲しい気持ちでいっぱいいです。

実現ができれば最高のプレゼントです。

Sponsored Link

救済案!=高野連と毎日新聞社の処置は?

 

高野連と毎日新聞社はセンバツ大会に出場できなかった32校に関して救済処置を審議中だという事が分かりました。

多くの高校野球ファンが残念がる中この審議がどうなるのでしょうか?

球児たちの為にも中居正広の提案が実現できる事を願いましょう!

無観客試合でも良いので高校球児の為に何か納得が行く判断を!

今後の日本野球連盟の判断が気になりますが、新しい情報が入り次第随時更新します。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA