テセウス船の再放送鈴が整形していた!実は明音が黒幕か?現代の鈴の顔の痣の意味は?明音は鈴に嫉妬していた?

いよいよ最終回を迎える【テセウスの船】

毎週日曜日の夜9時~TBS系列放送!

いまだに犯人が誰なのか分からない中、現代の鈴が顔の痣が無い事に、整形している説があり、本当は現代の鈴は鈴ではなく、あの明音ではないかとささやかれていまが

疑問を感じ調査してみると、黒幕の犯人がなんとなく、明らかになってきました。

そこで、鈴と明音について調べていきましょう!

【テセウスの船】の黒幕は本当に誰なんでしょう?

 

Sponsored Link

テセウス船の鈴が整形していた!=整形の意味とは?

31年前に戻て来た心が大人になった鈴と再会するが、父(佐野文吾)が31年前の犯人とされ、その(佐野文吾)の娘を隠すため、整形し名前まで変え「村田藍」と改名していました。

顔も名前も違う鈴は本当に鈴なのかなと気になるところですが。

果たして、黒幕での鈴の存在はどうなるのでしょう!

明音は生きている?

明音は生きていいる!

明音は翼に誘拐され翼が真犯人の指示に従わず殺害できなかったことで命を落とさずに済みました。

つまり、明音は生きてるんですよね。

となると、大人になった鈴は実は明音ということもあり得るのでは?

 

Sponsored Link

テセウス船の鈴が整形していた!=鈴の痣が消えている?


大人になった鈴の痣が消えている事に気づきました。

1話で大人になった整形後の鈴には31年前子供の時にできた、痣が残っていますが

心が現代へ戻ってきた時の鈴の顔には痣がありませんでした。

なので、1話に出てきた鈴と心が現代へ戻ってきた後の鈴は別人という可能性があります。

心がタイムスリップした際、心は鈴を凍傷状態から救ったので、心が現代へ戻ってきた後の世界では痣が消えてるのでしょう。

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA